行事記録
各研究施設が開催する研修等については,各研究施設のサイトもご参照下さい。
遺伝子改変動物分野サイエンスセミナーのお知らせ
「遺伝子改変技術を用いたX染色体不活性化の制御機構の解明」リンク
(12月8日木曜日15時〜,医学類F棟1階・修士課程セミナー室)
(Cincinnati Children’s Hospital Medical Center 小川 裕也 先生)

小川先生は、アメリカ オハイオ州シンシナティでファカルティをされており、X染色体不活性化の機構について研究されております。特に、ターゲティング、CRISPR/Cas9などを用いた遺伝子改変、遺伝子編集技術に長けており、最新の技術を常に実験に反映されています。

第6回金沢大学学際科学実験センターシンポジウム
「女性生殖組織の機能と疾患」
  1. 開催日時:平成27年11月13日(金)13時00分〜18時00分
  2. 会  場:金沢大学附属医学図書館 十全記念スタジオ
  3. プログラム
    1. 難治性子宮体癌における治療ターゲットの探索
    2. 子宮体癌における分子標的治療法への期待 〜RAS/PI3K 経路を中心に〜
    3. 卵分泌因子と卵胞発育
    4. 黄体ホルモンが調節する子宮内膜の胚受容能
    5. 内因性のホルモン分泌を活用した、自然周期排卵・胚移植
    6. 末梢血循環細胞による胚着床誘導機構
演者等詳細は,ポスターをご覧下さい。
第30回生命工学トレーニングコース「発生工学基礎技術」リンク
 平成27年10月21日〜10月23日開催,申込〆切9月30日
実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成27年9月16日(水)午後3時00分より
  2. 会  場:実験動物研究施設棟正面「実験動物の碑」前にて
(医薬保健研究域,がん進展制御研究所,学際科学実験センター 共催)
第27回生命工学トレーニングコース「発生工学基礎技術」のご案内
 平成26年10月22日〜10月24日開催,申込〆切9月30日
第25回生命工学トレーニングコース「発生工学基礎技術」
 平成25年11月20日〜11月22日開催,申込〆切10月31日
第24回生命工学トレーニングコース(生命科学・RI利用技術基礎コース)
 9月19日木曜日〜9月20日金曜日開催,申込〆切9月9日
第23回生命工学トレーニングコース(遺伝子工学基礎技術コース)
 平成25年7月16日火曜日〜7月19日金曜日開催,申込〆切6月24日
第5回金沢大学学際科学実験センターシンポジウム
「深遠なる疾患エピジェネティクス」
  1. 開催日時:平成25年7月5日(金)13時00分〜18時00分
  2. 会  場:金沢大学附属医学図書館 十全記念スタジオ
  3. プログラム
    セッションT「ヒストンの化学修飾を介したゲノム機能調節」
    セッションU「環境要因がもたらすエピゲノム異常と疾患」
    セッションV「先天性疾患におけるエピジェネティクス」
演題・演者等詳細は,ポスターをご覧下さい。
第22回生命工学トレーニングコース「発生工学基礎技術」
  1. 開催日時:平成24年11月7日〜11月9日開催
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター実験動物研究施設
実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成24年9月25日(火)午後3時00分より
  2. 会  場:実験動物研究施設棟正面「実験動物の碑」前にて
(学際科学実験センター,医薬保健研究域,がん進展制御研究所 共催)
第42回北陸実験動物研究会
  1. 開催日時:平成24年4月28日(土)14時00分〜16時30分
  2. 会  場:金沢大学医学類G棟 第4講義室
  3. プログラム
    1. 「N-end rule pathway による細胞内タンパク質分解とその調節の分子機構」
      金沢医科大学総合医学研究所 生命科学研究領域 遺伝子改変動物(蛋白質制御)研究分野 田崎 隆史 先生
    2. 「マウス初期胚発生と精子形成過程におけるオートファジーの役割」
      (独)放射線医学総合研究所 研究基盤センター・生物研究推進課 塚本 智史 先生
ポスター
第11回北陸地域アイソトープ研究フォーラム
  1. 開催日時:平成24年5月15日(火)15時00分〜16時30分
  2. 会  場:金沢大学十全講堂
  3. プログラム
    特別講演:福島第一原発事故による汚染とその影響の考え方
    柴 和弘(金沢大学学際科学実験センター 教授)
ポスター
第4回学際科学実験センターシンポジウム
─RI分子イメージングの現状と可能性─
  1. 開催日時:平成24年1月20日(金)13時00分〜17時50分
  2. 会  場:金沢大学医学部記念館2階会議室
  3. プログラム
    講演1:α線を出すアイソトープを利用したがん治療法のR&D
    鷲山 幸信(金沢大学医薬保健研究域 助教)
    講演2:企業と大学:産学連携の大学側からのアプローチ
    −公的インフラの有効利用による研究の推進と収益モデルの構築をいかにして行うのか−
    岡 卓志(横浜市立大学大学院医学系研究科放射線医学 助教/ベイ・バイオ・イメージング代表取締役社長)
    講演3:アルツハイマー病の診断・治療に資する分子イメージングプローブの開発
    小野 正博(京都大学大学院薬学研究科 准教授)

    コーヒーブレーク(15分)

    講演4:製薬会社におけるPETを用いた疾患治療薬の研究開発の現状と課題
    西村 伸太郎(アステラス製薬バイオイメージング研究所 所長)
    講演5:小動物を用いたPETイメージングによる脳機能イメージングの現状と可能性
    尾上 浩隆(独立行政法人理化学研究所・分子イメージング科学研究センター チームリーダー)
ポスター
第18回生命工学トレーニングコース「発生工学・基礎技術」
  1. 開催日時:平成23年11月30日水曜日〜12月2日金曜日
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター実験動物研究施設
実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成23年9月29日(木)午後3時00分より
  2. 会  場:実験動物研究施設棟正面「実験動物の碑」前にて
(学際科学実験センター,医薬保健研究域,がん進展制御研究所 共催)
金沢大学市民公開講座
金沢大学市民公開講座 市民のための放射能・放射線の話
  1. 開催日時:2011年8月6日(土)13時30分〜16時50分
  2. 会  場:金沢大学サテライト・プラザ 3階集会室
第15回生命工学トレーニングコース「発生工学・基礎技術」
  1. 開催日時:平成22年11月10日〜12日
  2. 会  場:実験動物研究施設
平成22年度実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成22年9月30日(金)午後3時00分
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター,実験動物研究施設前
第13回生命工学トレーニングコース「発生工学・基礎技術」
  1. 開催日時:平成21年11月11日〜13日
  2. 会  場:実験動物研究施設
第3回学際科学実験センターシンポジウム
  1. 開催日時:平成21年11月5日(木) 13:00〜18:00, 6日(金) 11:00〜12:00
  2. 会  場:金沢大学医学部記念館(金沢市宝町13-1 金沢大学宝町キャンパス内)
  3. 講  演「動物の行動から学ぶ認知・コミュニケーション機能」(5日・13:00〜18:00)

    「テストバッテリー方式による糖鎖遺伝子改変マウスの行動解析」
    吉原 亨(金沢大学・子どものこころの発達研究センター)

    「マウス表現型解析基盤の標準化にもとづく行動解析─理研ENUミュータジェネシスプロジェクトからマウスクリニックへ」
    古瀬民生(理化学研究所・バイオリソースセンター)

    「マウスにおけるコミュニケーションとその遺伝的要因─行動遺伝学を通して」
    小出 剛(国立遺伝学研究所)

    「ジュウシマツの歌と四つの質問」
    岡ノ谷一夫(理化学研究所・脳科学総合研究センター)

    「チンパンジーからみたこころの進化と発達─比較認知科学という視点」
    友永雅己(京都大学・霊長類研究所)

    特別講演「自閉症の医学生物学的基盤にせまる!」(6日・11:00〜12:00)

    「コピー数多型モデルマウスでみる社会性行動」
    内匠 透(広島大学大学院・医歯薬学総合研究科)
  >>詳細(金沢大学創基150年記念「講演会・シンポジウム」とのジョイントシンポジウム;pdf版
学際科学実験センター公開講座・金沢大学市民公開講座「市民のための放射能・放射線の話」
  1. 開催日時:平成21年9月6日日曜日 13:30〜16:40
  2. 会  場:金沢大学サテライト・プラザ 3階集会室
         (金沢市西町3番丁16番地 金沢市西町教育研修館内)
  3. 講演者:13:30〜15:40
     「アルツハイマー病の早期診断を目指した放射性医薬品研究の展望」
      柴 和弘(金沢大学学際科学実験センター 教授)

     「切らずに診て、治す、放射性医薬品による癌の早期診断と治療」
      絹谷清剛(金沢大学医薬保健研究域医学系 教授)

  4. 見学コーナー:15:40〜16:40
    放射線検出器の進歩 ― 放電箱発明50周年記念の実験と演示 ―
    横山明彦,中西 孝(金沢大学理工研究域 教授)ほか
  ポスター
第11回生命工学トレーニングコース「発生工学・基礎技術」
  1. 開催日時:平成20年11月12日〜14日
  2. 会  場:実験動物研究施設
平成20年度実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成20年9月26日(金)午後4時00分
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、実験動物研究施設前
第9回生命工学トレーニングコース「発生工学・基礎技術」
  1. 開催日時:平成19年11月14日〜16日
  2. 会  場:実験動物研究施設
第2回学際科学実験センターシンポジウム
  1. 開催日時:平成19年11月9日 13:30〜17:45
  2. 会  場:医学部十全講堂
  3. 講演者:
     「ゲノム解読から見えて来た哺乳類を中心とする脊椎動物の進化と今後の展望」
      斎藤 成也(国立遺伝学研究所 集団遺伝研究部門教授)

     「社会性昆虫,ミツバチのゲノム解読と今後の研究の展開」
      久保 健雄(東京大学 理学系研究科教授)

     「詳細なトランスクリプトーム解析から見えて来た遺伝子像」
      河合 純(理化学研究所 ゲノム科学総合研究センタープロジェクト副ディレクター)

     「肝臓ゲノム情報と医療」
      金子 周一(金沢大学 医学系研究科教授)
  ポスター
平成19年度実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成19年9月20日(木)午後3時00分
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、実験動物研究施設前
第9回バイオサイエンスシンポジウム
テーマ:ヒト疾患モデルマウスを用いた研究
開催日時:2007年3月14日(水) 午後1時30分〜5時15分
会  場:新解剖実習棟第4講義室(宝町キャンパス)
共 催:学際科学実験センター,自然計測応用研究センター
    共同研究センター,工学部,理学部,薬学部
    21世紀COE革新脳科学
後 援:十全医学会
講演 プログラム
開会の挨拶  学際科学実験センター長  山口 和男

第1部:脳神経系疾患のモデルマウス

  1. 遺伝子操作マウスを用いたグルタミン酸受容体の機能解析
    富山大学大学院医学薬学研究部・教授  森 寿

  2. モデルマウスを用いた脊髄小脳変性症の病態解明と遺伝子治療法の開発
    群馬大学大学院医学系研究科・教授  平井 宏和
第2部:腎疾患のモデルマウス
  1. マウス腎臓病モデルを用いた発症・進展機序の解明と治療戦略の構築
    金沢大学医学部附属病院血液浄化療法部・部長/助教授  和田 隆志

  2. 糖鎖不全によるIgA腎症モデルマウスの開発と発症機構の解析
    金沢大学学際科学実験センター・教授  浅野 雅秀
閉会の挨拶                浅野 雅秀
第7回 生命工学トレーニングコース
“発生工学・基礎技術コース”
  1. 開催日時:平成18年11月15日(水) 〜17日(金)
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、実験動物研究施設
詳しくは募集要項をご覧下さい
遺伝子改変動物学セミナー(大学院特別講義:実験動物学)
「遺伝子改変マウスが空を飛び交う時代がやってくる!
−国内外のマウスバンクの最近の動向と増え続ける遺伝子改変マウスの凍結胚・精子の輸送−」
  1. 講師:中潟 直己 先生
    (熊本大学生命資源研究・支援センター 動物資源開発研究部門 教授)
  2. 開催日時:平成18年10月25日(水曜日)16時00分
  3. 会  場:金沢大学 医学部A棟講義室(旧 薬学講堂)
平成18年度実験動物慰霊祭
  1. 開催日時:平成18年9月25日(月)午後3時30分
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、実験動物研究施設前
第6回生命工学トレーニングコース
“遺伝子工学・基礎コース”
  1. 開催日時:平成18年7月25日(水) 〜28日(金)
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、遺伝子研究施設
学際科学実験センター公開講座
第27回北陸実験動物研究会(共催)
「トリ,ブタからヒトへ新型インフルエンザは拡大するのか」
  1. 開催日時:平成18年4月1日(土) 午後1時30分より
  2. 会  場:金沢大学医学部記念館
  3. 詳細
第5回生命工学トレーニングコース
  1. 開催日時:平成18年2月28日(月) 〜3月2日(水)
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設
マイクロアレイ
第4回生命工学トレーニングコース
 ─発生工学・基礎技術コース─
  1. 開催日時:平成17年11月9日(水) 〜11日(金)
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター実験動物研究施設
マウス胚の基本操作の習得を目的とした学内外の研究者,技術者,大学院生等を対象の技術講習。
案内ページをご覧下さい。
革新脳科学COE金沢大学十全医学会合同国内シンポジウム
第2回 脳細胞・発達・学習・記憶分子シンポジウム(PDFポスター)
医学系研究科・学際科学実験センター・自然科学研究科・社会環境科学研究科 共催
  1. 日時:平成17年9月30日金曜日 午前9時〜午後6時15分
            10月1日土曜日 午前9時30分〜午後5時30分
  2. 場所:金沢大学医学部記念館
平成17年度実験動物慰霊祭
  1. 日時:平成17年9月28日水曜日 午後3時〜
  2. 場所:実験動物研究施設棟正面,実験動物の碑前
第3回生命工学トレーニングコース
“遺伝子工学・基礎コース”
  1. 開催日時:平成17年7月27日(水) 〜30日(土)
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、遺伝子研究施設
第1回学際科学実験センターシンポジウム
  1. 開催日時:平成17年5月24日(火) 午後1時30分より
  2. 会  場:金沢大学医学部 十全講堂
  3. ポスター
第2回生命工学トレーニングコース
“遺伝子工学・高等技術コース”
  1. 開催日時:平成17年2月28日(月)〜3月2日(水)
  2. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、遺伝子研究施設
第1回生命工学トレーニングコース
遺伝子工学基礎技術コース 「遺伝子発現解析技術」
  1. テ ー マ:遺伝子発現の解析法
  2. 開催日時:平成16年8月2日(月)〜8月5日(木)(全日程参加が原則)
  3. 会  場:金沢大学学際科学実験センター、遺伝子研究施設
  4. 内  容:最近では遺伝子組換え実験の基礎技術は学部実習にも広く取り上げられていることから、これまでの「基礎技術コース」より多少難易度を上げ、遺伝子発現解析を中心とした実技実習を行う。そしてこれらの実験を通して、実験上の注意事項等の理解を深め、遺伝子操作の根幹となる基本技術を習得する。
学際科学実験センター設置記念フォーラム
  • 日時:平成15年9月24日(水)13時〜16時30分
  • 場所:金沢大学医学部記念館

第一部 記念式典 13時〜14時15分

第二部 記念講演 14時30分〜16時30分

記念講演 I

「非浸襲脳機能イメージングの現状と将来展望」
 (株)日立製作所基礎研究所 主管研究長  小泉 英明 氏

記念講演 II

「ゲノム研究の最近の進歩と今後の展望」
 かずさDNA研究所 所長  大石 道夫 氏